熱中症を疑われる人を見かけたら・・

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をさします。

気温などの環境条件だけでなく、体調や暑さへの慣れなど、身体の条件も影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や突然暑くなった日、体が暑さに慣れていない時は、屋内外問わず注意が必要です。

熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症の重症度による症状と対応

重症度 対処法
軽度 めまい、立ちくらみ

ふいてもふいても汗が出てくる

倦怠感、筋肉痛

体がふるえる

こむら返り(熱けいれん)

  • 涼しい場所に移動し、身体を冷やし熱を放散させる
  • 水分を補給する
  • 水だけでなく、電解質を含むスポーツドリンクや食塩水(1~0.2%)を十分飲ませる
  • 誰かがついて見守り、症状が改善しなかったり、口から水分を摂取できなければ、病院を受診する
  • 症状が改善しない場合は病院を受診する
中度 頭がガンガンする(頭痛)

吐き気、嘔吐

倦怠感、虚脱感

*水分や塩分が失われて脱水症状が現れます

  • 涼しい場所に寝かせてボタンやベルトをゆるめ、足を高くして休む
  • 水分・塩分を補給する
  • 誰かがついて見守り、症状が改善しなかったり、口から水分を摂取できなければ、病院を受診する
  • 症状が改善しない場合は病院を受診する
重度 意識障がい、おかしな返事をする

運動障がい(立てない、フラフラする)命にかかわる危険な状態

*体温が上昇し、脳の体温中枢が麻痺して現れます 

*汗も出なくなります

  • 救急隊を要請し、救急車による搬送を行う
  • 太い血管のある首やわきの下、足のつけ根などを冷たいタオルや冷却剤などをあてて扇ぐなどして、体温を下げる
  • すみやかに治療開始ができるように状況のわかる人が付き添う

熱中症を疑った時の応急処置 

涼しい場所へ避難

  • 風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。
  • 服を脱がせて、とにかく冷やしましょう。
  • 露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などであおぐことにより体を冷やします。
  • 氷のうなどがあれば、それを首筋、わきの下、足の付け根、股関節あたりに当てることも有効です。(皮膚のすぐ下を太い血管が走っているところで、流れている血液を冷やす効果があります)
  • 可能な限り早く冷やす必要があります。重傷者の命を救うことができるかどうかは、どれだけ早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 救急隊を要請してからも、救急隊の到着前から冷却を開始することが重要です。体の中心部の体温が40℃を超えると全身痙攣(けいれん)、血液凝固障害(血液が固まらない)などの症状も現れる恐れがあります。

水分・塩分の補給

  • 冷たい飲み物は胃の表面で熱を奪います。大量に汗をかいたときは、失われた塩分も適切に補えるスポーツドリンクや経口補水液などが最適です。食塩水(1リットルの水に1~2gの食塩)も有効です。
  • 受け答えがしっかりしていて、意識がはっきりしているなら、冷やした水分をたくさん飲ませましょう。
  • しかし、「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない(意識障害がある)」時には、誤って水分が気道に流れ込む恐れがあります。
  • また「吐き気を訴える」ないし「吐く」という症状は、すでに胃腸の動きが鈍っている証拠です。これらの場合には、絶対に水を飲ませないでください。病院での点滴が必要です。

医療機関へ運ぶ

  • 意識がないなど、自力で水分の摂取ができないときは、点滴で水分を補う必要があります。緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。
  • 実際に熱中症の半数近くが、重度ないし中度で、医療機関での輸液(静脈注射による水分投与)や厳重な管理(血圧や尿量のモニタリングなど)が必要となっています。

 

 回復したつもりでも体内に影響が残っていたり、再発のおそれもあります。

 熱中症になったら、回復した後でも必ず医療機関で診てもらいましょう。


The following two tabs change content below.

球磨村役場 保健福祉課 保健予防係

電話 0966-32-1139 | FAX 0966-32-1230

最新記事 by 球磨村役場 保健福祉課 保健予防係 (全て見る)