村長室

球磨村長 松谷 浩一(まつたに こういち)

生年月日 昭和37年10月5日

村長就任日 令和2年3月25日

村長のご挨拶

 日頃より村政運営に対しまして格別のご支援とご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 一昨年に発生しました「令和2年7月豪雨」は本村に甚大な被害をもたらし、25名の尊い命と多くの財産が奪われ、美しい自然に囲まれた村民の生活は一変しました。

 発災から2年が経過し、被災した道路、橋梁、河川、水道、通信等インフラ基盤につきまして、一歩ずつ着実に歩みを進めているところです。

一方で村民の生活再建の観点からは、未だに多くの住民の皆様が、仮設住宅等での不自由な生活や、長距離の迂回を強いられている状況にあることから、一日も早く安全で安心な生活を取り戻していただけまうように取り組んでまいります。

復旧・復興の指針となるべく令和3年3月に策定しました「球磨村復興計画」。その中でも最重要かつ迅速に取り組むべき課題であります「被災者の生活再建」と「災害に強いむらづくりに向けた復旧と備え」について協議を重ね、「球磨村復興まちづくり計画」を令和4年3月に策定しました。今後は安全な生活基盤の整備に向け、速やかな地域ごとの復興まちづくり事業に取り組んでまいります。そして産業・観光業の再生や防災・減災、子育て支援や教育の振興、福祉の向上などの対策につきましても、村民の皆様の復興への想いに寄り添いながら各種事業を行ってまいりますが、厳しい財政状況の中でありますので、国、県等と連携しつつ、事業の優先順位を見極めながら、球磨村だからこその先進的で持続可能な創造的復興に全力を挙げて取り組んでまいります。

また、令和4年は環境省から第1回「脱炭素先行地域」の選定に、球磨村森電力、球磨村森林組合と合同で認定されました。豪雨災害の経験を踏まえ、二酸化炭素の増加が気候にもたらす影響を考慮し、再生可能エネルギーや電気自動車の導入等を積極的に進めて、将来的に二酸化炭素排出量をゼロにする「ゼロ・カーボンシティ」の実現に向けて取り組んでまいります。

2年前の災発時から村民の皆様をはじめ、国、県、全国の自治体やボランティアの皆様など、本当に多くの方に温かいご支援、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。皆様のお力添えにより本村の復旧・復興は着実に進んでおります。復興計画の基本理念である、「災害に強く、豊かな地域資源を後世に継承し、住民が安全に安心して住み続けられる山里『球磨村』の復興」を実現すべく、村民の皆様と一緒になって「復光」の明かりを一つ一つ灯してまいりますので変わらぬ皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

球磨村長 松谷 浩一

 

村長の予定

令和4年8月6日から8月12日まで

8月 6日 (土)
8月 7日
(日) 10:00 令和2年7月豪雨災害犠牲者追悼式 球磨中学校体育館
8月 8日  (月) 庁内協議
8月 9日
(火) 15:00 8月定例町村長会議 球磨地域振興局
8月10日 (水) 10:00 広域行政組合8月定例理事会 アクアパーク
8月11日
(木) 山の日
8月12日 (金) 庁内協議

※村長の予定は、事情により変更になることがあります。