地域脱炭素移行・再エネ推進事業計画について

この度、球磨村が、環境省事業の「地域脱炭素移行・再エネ推進交付金」に採択されましたので、お知らせいたします。

球磨村は球磨村と球磨村森電力、球磨村森林組合の3者で共同提案した事業計画が令和4年6月1日に環境省「脱炭素先行地域」として認定されました。その計画を基に今回、採択された地域脱炭素移行・再エネ推進交付金を活用し、事業を実施していきます。

また、この取組は環境省が募集している取組として、第1回目で球磨村は認定されており、村内の「カーボンゼロ」の達成に向け、球磨村森電力が「再エネの整備」、「再エネ電力の供給」を全面的に担う計画です。本事業による脱炭素を通じて、球磨村の創造的復興を推進していきます。

事業計画名称

『「脱炭素×創造的復興」によるゼロカーボンビレッジ創出事業』

事業計画

・事業計画(こちらをクリック

・事業提案(こちらをクリック

・事前評価チェックシート(こちらをクリック

※なお、この事業計画(5年間)については、申請時のものであり、その後の状況によって適宜見直され、変更されることがありますのでご理解ください。

計画概要

・概要(こちらをクリック

主に住宅、村有施設、民間施設への自家消費・相対電源用の太陽光発電設備等の導入、荒廃農地等へのソーラーシェアリングの導入、EV車輌、EV充電設備の導入を実施していきます。

計画期間

令和4年度~令和10年度

PR動画

動画にて取組を紹介しています。(こちらをクリック

こちらのQRコードからも読み込めます。

関連リンク

環境省脱炭素地域づくり支援サイト(こちらをクリック


The following two tabs change content below.